Loader
ホーム »   ...  » 産業/用途例 » 食品・飲料 » 金属検出およびX線検出も可能なブルーの素材

3つの手法で検出可能なポリマーソリューション

食品安全の3要素:青色、金属検出可能、X線検出可能

3手法で検出可能な素材が、食品のプラスチック汚染を防止します。この食品グレードのエンジニアリングプラスチックは、食品加工機器に向けて開発されました。食品のリコールやブランドのイメージダウンのリスクを低減します。各素材は以下の特徴を持ちます。

  • 目視で検出可能な素材(青色のプラスチック)
  • 金属検出可能なプラスチック(MDポートフォリオ)
  • X線検出可能なプラスチック(XRポートフォリオ)

当社のエンジニアリングプラスチックはGMPに則って製造されており、最新の国際食品接触規則に準拠し承認された原料を使っています。当社のエンジニアは食品安全法に関してグローバルな深い知識を持っており、お客様の食品加工機器の課題に対するソリューションを提供いたします。

金属検出可能なプラスチック

当社には、食品の金属検出器に反応するように特別に開発された製品群があります。製造業者は、さまざまな種類の中から、用途に適した金属検出可能なプラスチック素材を選択することができます。それぞれの素材には、用途に応じたメリットがあります。

  • keyboard_arrow_down主な特長

    • 当社の金属検出可能プラスチックは、食品加工機器の高圧の使用環境において優れた摩耗性を発揮します。
    • 食品金属検出器は、この素材の添加物を27mm3程度の粒子まで確実に識別できるため、機器の破損や摩耗のリスクを検出できます。
  • keyboard_arrow_down主なメリット

    • フードグレードの配合はすべて、FDAおよびEUの食品規制により、食品との接触が承認されています。
    • 食品汚染のリスクを低減し、製品のリコールやブランドのイメージダウンのリスクを低減
    • ダウンタイム時間と機器のメンテナンスコストを減少させ、生産性を向上

MCAMの金属検出可能なプラスチックのポートフォリオ

お問合せ